記事一覧

提携カードのコストと収益配分は?

クレジットカードの種類は、プロパーカードと提携カードの2つがあります。カード会社が単体で発行するカードをプロパーカードと呼び、一般企業・団体と提携して発行するカードを提携カードと呼んでいます。最近のクレジットカードの主流は、プロパーカードではなく、提携カードに移っています。

すでに新規発行カードの6割以上が提携カードになったともいわれるほどです。提携カードが「ブーム化」しているのは、カード会社、企業、利用者のそれぞれにとって大きなメリットがあるからにほかなりません。まず、カード会社は、企業の抱える優良顧客を会員にできるというメリットがあります。顧客の規模に応じて会員数もあらかじめ読めるのでマーケティングがしやすく、稼働率が高いという傾向もあります。

一方、提携する企業からすると、カード会社の助けを借りて手軽にカードを発行でき、「顧客の囲い込み」が可能になります。審査や回収といった面倒な仕事も、すべてカード会社が担当してくれるので、手をわずらわされずにすむというメリットがあるのです。利用者(会員)にとっては、プロパーカードの特典に加えて、提携企業がさまざまな特典を提供しているため、1枚で2~3枚分も得するカードになっていることがあります。

単純にたとえれば、プロパーカードの場合には5つのサービスしか受けられないのに対して、提携カードになると、提携企業がさらに5つのサービスを加えてくれるので、合計10ものサービスが受けられるようになるのです。