記事一覧

条件のいい人ほど低利で借りられる図式

十分な収入や安定した職業の人は低い金利で融資が受けられます。しかし、収入が不安定で少ない人への融資には、高い金利か付いて回るのです。これを金利のヒエラルキー(階層)という人もいますが、金利が高くなるのはそれだけ貸す側のリスクも大きくなるからです。現在、金利のヒエラルキーのいちばん上に位置しているのは、銀行(信用金庫を含む)で、その無担保ローンはもっとも低い金利のもので、6・375%から借りることができます。このような低い金利のローンは誰でも利用できるのではなく、安定した収入があるなど一定以上の条件が必要になります。銀行は初回の貸出し時に、何日間かの時間をかけて信用力を審査し、貸倒リスクが少ないことを十分確かめます。昨今は、借りる側にとって長い間待たされたあげく、丁重に断られることも多いため、急にお金が必要な場合は向かないでしょう。

金利面で銀行に次ぐ位置にあるのが、銀行系消費者ローン会社です。モビット(UFJ銀行とプロミスが提携)、アットローン(三井住友銀行と三洋信販が提携)、東京三菱キャッシュワン(東京三菱銀行とアコムが提携)などがあります。金利は15~18%と各社横並び状態で、銀行の無担保ローン金利と比較すると3倍以上の高利です。銀行系消費者金融は次々と設立され、ローン業界に新規参入が相次ぎました。利用する場合のデメリットは入会手続きに多少手間がかかり、消費者金融ほどATM台数が多くないなど不便な点があることです。メリットはきちんと返済しておけば、将来、住宅ローンなどの多額の融資を受けるときに、銀行が行うローン審査でも減点されないことです。

これに次ぐグループはカード会社です。クレジットカードを持っていれば、融資枠内で気軽にキャッシングができますが、金利は18~29%程度と消費者金融並みに高くなります(100万円以内の場合)。これは、クレジットカードの第1日的が商品購入にあり、キャッシングは付帯サービスの1つに位置しているからです。ところが、カード会社の収益構造をみると、キャッシングによる収益が大きな割合を占めています。これらの理由からキャッシング金利が高めに設定されているのではないでしょうか。高金利でも、クレジットカードはカード会員になれば、特別な審査もなく、ATMからすぐ引き出せるので簡単にキャッシングができます。こうしたことから金利が高いわりには、数枚のカードを持つ利用者も多いようですが、このことが多重債務に陥るきっかけにもなっているので十分注意が必要です。カード会社の次が消費者金融です。自己破産者や多重債務者でなければ、18歳以上なら学生でもフリーターでもすぐお金が借りられるのが消費者金融です。

ATMの台数がもっとも多く、30分ほどの審査で借入れができるなど利便性は抜群ですが、金利は上限の29・2%にかぎりなく近く、高金利となっています。高金利の理由は、幅広い顧客層を対象にしているため、貸倒リスクを十分見込んで、そのマイナス分を吸収しているからです。たとえば、収入が不安定な人でも、返済能力があるとみれば法定金利上限の29・2%で貸し出します。消費者金融には大手から中堅、中小・零細までさまざまな業者があり、悪質なところもいまだに存在しているようです。そして、消費者金融で借入れができない人がつい利用してしまうのが、先に記述したいわゆるヤミ金といわれるところです。このほかにもさまざまな金融業者が混在し、それぞれが「上客」を求めて活動しています。利用者、つまりお金を借りる側とすれば、できるだけ低利で借りたいと願うのが普通ですが、「そうは問屋が卸さない」というのが現実なのです。